ライフ

今だから知りたいサウナの効果とは?肌に良い入り方を公開♪

みなさん、こんにちは~!

女子ラボ編集部の向井リエです♪

 

夏に向けてダイエットを考えてる女性って多いですよね♪

これから格好もどんどん薄くなってくるのでますます体系は気になってきますよね…。

中でも岩盤浴や、サウナでダイエットをしたいと考えている方も多いかと思います。

 

では、サウナってどんな効果や効能があるのかご紹介していきたいと思います♪

 

 

そもそもサウナの効果とは?

サウナ発祥の地であるフィンランドでは、昔からサウナをとても身近な健康増進のためのツールとして使用しているようです。

日本でも、サウナは健康や美容に良いとされていますが、その理由や効果は漠然と受け止めているような気がしませんか?

では、実際、サウナにはどのような効果があるのでしょう。

 

サウナには身体を温めることにより、免疫力を高めることで風邪の予防効果があると考えられているようです。

少し前に某ヨーグルトのCMでもフィンランドの体調管理法はサウナ!

というようなものがありましたが、事実サウナには身体を温める事で血液の流れを活発にし、免疫力を高める効果があり身体を温めた際に体外に排出される汗には老廃物を体外に出す役割があります。

つまり、デトックス効果があるという事ですね。

 

また、サウナから出た後に水風呂に入る方も多いかと思いますがこれを温冷交代浴といい、

身体を温める→冷やす→温める

を繰り返すことにより自律神経が整う効果があります。

また、温冷交代浴には身体の冷えを取る効果もあり最近では叶姉妹が冬でも露出の激しいドレス1枚で寒くないのは温冷交代浴を行なっているからだとインタビュアーに答えていました。

 

 

簡単に言うと…効能はこんな感じ♪

サウナの効果はわかりましたが効能といわれるとどんなものがあるのかわかりにくかったりしますよね。

では、簡単に言うとサウナの効能とはどんなものなのでしょうか?

 

サウナの効能は大きくわけて4つです。

 

  1.  身体を温めて免疫力アップ
  2. 老廃物を排出してデトックス
  3.  サウナ後の水風呂で自律神経が整う
  4. 冷え性の改善にも役立つ

 

実際にサウナに入る前に確認して意識しながら入ると効果も変わってくるかもしれませんね!

ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

肌に良いって本当!?

サウナで美肌になれるとは、女性なら誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

サウナに入ることで得られる効果として汗を体外に排出することで得られるデトックス効果があります。

 

特に、顔の毛穴が気になる方には毛穴に溜まった皮脂などの老廃物を《ドロドロ》とした汗をかくことで体外に排出し、肌のターンオーバーを正常にして毛穴の汚れを無くす効果が期待できます。

しかし、そのためには《ドロドロ》とした汗をかかなければなりません。

ドロドロした汗って何⁈と思われるかもしれませんが汗にはいくつか種類があります。

 

サウナで美肌になるために必要な《ドロドロ》した汗とは、老廃物や皮脂の入った汗のことです。

このドロドロした汗をかかなくては、美肌にはならないのです。

しかし、ここで注意しなければならないのはドロドロした汗が出切った後に出てくるサラサラした汗はあまりかきすぎないほうが良いという事です。

 

サラサラした汗は、肌の乾燥を防いでくれるとも言われているので、タオルで押さえ肌に染み込ませるなどしてあまり体外に出ることのないようにしてください。

また、サウナに入った後水風呂に浸かったりぬる目のシャワーで肌を冷やして毛穴を引き締めることも必要です。

その後、保湿成分のたっぷり入ったスキンケアで肌を労わるとより効果的です。

 

また、自律神経が整うとホルモンバランスも整ってくれるので生理前に肌荒れが気になる方や肌のハリや弾力が無くなったなと感じる事が多くなった方もいますよね。

サウナと水風呂を用いた温冷交代浴は、自律神経を整えホルモンバランスを整える事で高価な化粧品では実感できなかった美肌への効果を期待できるかもしれません。

 

 

サウナの効果的な入り方とは?

まず、サウナにはゆっくりと時間に余裕を持って入ってください。

少しひまな時間が出来たからといって大急ぎでサウナ室に飛び込んだかと思えばただ温まっただけでサウナから出てきて、

身体を洗い、終らせてしまうのでは、せっかくのサウナの素晴らしい効果はほとんど期待できません。

 

では、サウナに効果的に入るにはどのようにしたら良いのでしょうか。

まず、大切なことは、サウナに入る際には、水分補給を忘れないようにする事です。

サウナでは、たくさんの汗をかきます。

また、低酸素状態にあるサウナ室に入るのは、思っている以上に、身体に負荷をかけることになります。

オススメはスポーツドリンクをサウナに入る30分ほど前に飲んでおくことです。

スポーツドリンクを飲むことで、適度な水分や塩分、アミノ酸を取る事ができます。

 

また、サウナに入る前に身体を洗い、汚れを落としておくことも大切です。

サウナで汗を流した後に身体を洗う事でさっぱりしたいという人も多いかとおもいます。

ですが身体が汚れたままだと、発汗によりデトックス効果が期待できなくなってしまいます。

 

また、サウナでしっかりと温まり、毛穴が開いた肌はとてもデリケートです。

サウナに入ったあとに強く身体を洗ってしまうと、美肌になるはずが肌荒れの原因にもなってしまうので、注意が必要です。

サウナに入ったあとの汗は、シャワーで流す程度にしてください。

 

水分補給をし、身体を洗ったらいよいよサウナに入ります。

サウナには、一回10分程度を目安として入ってください。

長くても15分で出るようにしないと、せっかくサウナでリラックスした身体に疲労がたまってしまいます。

 

時々、サウナに自分の耐えられる限界まで我慢して入っているという方もいますが無理な我慢は身体によくありません。

大切なのは、自分の身体の調子を見ながら、心地よいと思えるタイミングを見計らう事です。

あまりに過度な我慢は、命の危険すらあるとても危な行為なので、絶対にやめましょう。

 

サウナで10分程度温まった後は、水風呂、またはぬる目のシャワーで身体をクールダウンさせて下さい。

クールダウンさせることにより自律神経が整い毛穴を引き締める効果があります。

ここでの注意点は、水風呂には無理に浸からないことです。

特に心臓の弱い方は、自律神経を整えたり、毛穴を引き締めたいからといって水風呂に無理に入ることは避けてください。

ぬる目のシャワーをゆっくりと浴びるのでも、十分に身体をクールダウンさせる事ができます。

 

身体をクールダウンさせた後は、思っている以上に心臓や血管に負荷がかかっています。

5分ほど腰掛けるなどして休憩し、体力を回復させてください。

 

あとは、

サウナに入る→クールダウン→休憩

を3回ほど繰り返すのが効果的なサウナの入り方です。

また、喉が乾いていなくてもこまめに水分を取るようにしてください。

 

 

まとめ

サウナに入ることで得られる魅力的な効果はたくさんあります。

サウナのことを深く知ることで、その効果をしっかりと実感できるはずです。

 

最近では、サウナを利用できる施設も増えています。

自分へのプチご褒美としてたまにはサウナを利用してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. ドラマ版グッドモーニング・コールが無料で見れる!FODを紹介
  2. フルーツ青汁のおすすめ比較ランキング6選♪口コミと人気も分かる
  3. 【2017】スタバ最新作のホリデー情報を大公開!グッズなど
  4. すっきりフルーツ青汁の口コミや効果とおすすめの飲み方
  5. 【行ってみた!】ホットヨガのスタジオ体験ランキングと効果

関連記事

  1. ライフ

    お香・インセンスの焚き方、インセンスホルダーのおすすめを紹介

    こんにちは!女子ラボ編集部の鳩目です。ここ…

  2. フード

    今年流行間違いなし!黒豆クリームチーズとは?

    みなさん、こんにちは~!女子ラボ編集部の向井リエです♪…

  3. ライフ

    オリジナルマスキングテープの作り方!おすすめのメーカーさん比較も

    こんにちは!最近“オリジナルマスキングテープ作りたい欲”が半端…

  4. ライフ

    【徹底比較】女性が使うシステム手帳の選び方とおすすめ7選!

    こんにちは。女子ラボ編集部のリエです♪近頃…

  5. イベント

    【スタバsakura2018】限定ドリンクと人気フードの最新情報

    みなさん、こんにちは~!女子ラボ編集部の向井リエです♪…

  6. ファッション

    ハット帽とは?洗い方やコーデ、おすすめの色を紹介!

    みなさん、こんにちは!女子ラボ編集部の向井リエです♪&…

  1. 美容

    【決定版】2018冬レディース髪型特集!ヘアスタイル&カラー
  2. クリスマス

    高校生におすすめのクリスマスデートプラン!プレゼントや注意点
  3. ファッション

    ドラマでも使用?Cleliaとは?キーケースやトートバックも!
  4. 恋愛

    わずか数秒で完売!ダレノガレプロデュースのDting(香水)
  5. ファッション

    レディースベレー帽の被り方は?おすすめの髪型やコーデを大紹介!
PAGE TOP